社員教育用DVD

「生産革新」の現場事例をまとめたDVDシリーズ

◎『この工場を見よ!』

21世紀を勝ち抜くために…
-具体的な事例に学ぶ革新の理論と実践-
「この工場を見よ!」
  • 第1巻「3Sを徹底することが成功の鍵!」
  • 第2巻「在庫削減大作戦!」
  • 第3巻「企業内SCMで現場を強化!」
  • 第4巻「ITで理にかなった管理の実現!」

DVDの特徴

世界一強いと言われた日本の製造業・・・

今、日本の製造業が大きな岐路に立たされています。大きなうねりとなって世界中を席巻するグローバル経済の波。IT化の進展によってこれまで常識であったビジネスモデルが、根本から変質しようとしています。スピードとパワーの熾烈な競争のなかで、一体どの方向を選択することが正解なのか・・・。

こうした悩みに対して、メック推進センターでは一つの解決のヒントをご用意しました。本DVDシリーズでは、長年生産革新の啓蒙普及で実績を持つ、メック推進センターの協力のもと、21世紀を見据えた製造業の在り方のヒントを実際に革新に成功した事例に則して分かりやすく解説しています。貴重な現場の映像をもとに基礎から学習することができます。

21世紀の日本を支えるのもまた、日本の製造業です。

内容

第1巻:「3Sを徹底することが成功の鍵!」

「3Sを徹底することが成功の鍵!」

事例に登場する業界:電子機器アッセンブル

3S及び5Sについての理論的理解を深め、3S活動を行う上での我流ではない正しい手順と、その具体的な実践方法を学ぶことができます。

第2巻:「在庫削減大作戦!」

「在庫削減大作戦!」

事例に登場する業界:住宅用部材板金加工

在庫に対する正しい認識から、在庫とリードタイムの関係、リードタイムを短縮するための様々な手法を解説。

第3巻:「企業内SCMで現場を強化!」

「企業内SCMで現場を強化!」

事例に登場する業界:精密金属部品加工

リードタイムの安定・維持の考え方と手法、売れ方に合わせた生産を実現していくステップなど、豊富な事例を基に解説します。

第4巻:「ITで理にかなった管理の実現!」

「ITで理にかなった管理の実現!」

事例に登場する業界:プラスティック部品成型加工

生産を安定させる工夫の実際的手法、生産と管理の連携、IT技術を利用した計画、管理まで「理にかなった管理」の全貌を紹介します。

◎『徹底3S実践教室』

徹底3Sは企業の国語!たかが3S~されど3S

「徹底3S実践教室DVD」
  • 13Sや5Sに取り組んだが、なかなか定着しない~といわれる会社
  • 23Sや5Sに取り組んだが、経営業績に結びつかない~といわれる会社
  • 3その後、新入社員が入社し、なかなか教育ができない~といわれる会社

このような会社のご要望にお応えして、社員教育用のDVDを作成しました。

DVDの特徴

「3Sや5Sは知っている」「取り組んだこともある」という会社は沢山ありますが、なかなか定着しない、後戻りしてしまうといった会社も沢山あります。その理由は何でしょうか?逆に「全員行動、全員参加」で3S活動を徹底して、業務改善・業務革新に結び付け、定着させた会社(作品と呼んでいます)も数多くあります。それは「一人の100歩」ではなく「100人の一歩」として、社員それぞれの創意工夫を寄せ集めることです。

本DVDでは、事例を紹介しながら解説しています。新しく徹底3Sに取り組まれる会社、また原点に帰る目的で社員研修を開催される会社にお役立ちできる教材です。

  • 動画より、パワーポイント中心で編集されているので、画面をストップして、繰り返し学習することができます。
  • 『なぜ徹底3Sなのか?』前編、『どのように正しく進めるか』(後編)に分かれているので、経験した人のレベルに応じた学習が可能です。
  • 低価格でお譲りできるよう、専門業者の手を借りず手作りで、製造原価を安く抑えています。

ご注文はこちら

お申込後、商品発送の際に請求書を同封させて頂きますので、お振込で手続きをお願いいたします。(振込手数料はご負担お願いします)

ご注文商品
(税込・送料別途)
「第1巻 3Sを徹底することが成功の鍵!」4,800円「第2巻 在庫削減大作戦!」4,800円「第3巻 企業内SCMで現場を強化!」4,800円「第4巻 ITで理にかなった管理の実現!」4,800円「徹底3S実践教室DVD」3,780円「徹底3Sの進め方」3,100円「NPSの理論と実際」3,900円「管理者のためのIEの基礎」3,000円「生産革新成功の法則」1,200円
ご法人名
ご担当者様のお名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
備考欄

個人情報の開示について

1) 当社は、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

  • 法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
  • 法令に特別の規定がある場合
  • お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合
  • 法令や当店のご利用規約・注意事項に反する行動から、当店の権利、財産またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2) お客様から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当店宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

上記内容を確認いただきましたらチェックを入れて下さい。